2006年11月25日

カポーティ

カポーティ

一家殺人事件の新聞記事を目にし、次回作の題材に用いようと調査するカポーティ。

発見者、警察、犯人ペリーに接触していくうえでの、カポーティの口の上手さは天才的だと思った。自分の苦い過去や、傷をも語ることで共感を得る。最高にいやらしい。それがプロの作品創作に対する技、執念なのか。

だが、犯人ペリーの孤独や心の闇に共感・理解すると同時につけこみ、嘘をつきながら創作の為に「友情」を育む過程…ペリーがカポーティに心を開けば開くほど、見るのが辛かった。

「冷血」なのはカポーティだ!と思ったが、彼が「冷血」以後、執筆できなかったことを考えると、ペリー死刑執行前に流した涙と謝罪は本物だったのだろう。自己愛からくる涙かも知れないけども。

結局、カポーティは、ペリーへの罪悪感や良心の呵責・葛藤に勝てず、自分自身で「冷血」という作品にのまれ、決着がつけられなかったから、執筆が出来なくなったのかな、と感じた。

ペリー役の役者さんが良かった。孤独で傷つきやすそうなところが、目と顔色の悪さにマッチしていた。
画面の落ち着いた色あい、全編通して静かな雰囲気も重々しくて良かった。だからこそ、発砲音が鮮明で効果的だった。

良い映画ではあると思うけど、鑑賞後の気分は決してすがすがしいものではなかった。
posted by ユカソ at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 見た(映画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月01日

TAKESHIS

感想:後引く仕掛け映画

見てる最中は別に何も感じないというか、どちらかと言うと、よくわからないなー微妙かもと、端的に言えばつまらなかったけど、見終わるとしっくり来た。

今考えてみれば、「なるほど」と思う。今考えてみれば、分かりやすくて面白かった、と思う。メッセージ性とか、何かの主張とか、そういったものが一切無い。そんなどうしようもないものを挟み込む余地なんか無い。全てが仕掛けになってるから。今考えてみれば、最高に面白いかも。いまだに後引いてる。

スマステーションで稲垣吾郎が「遠くから全体的に見渡してようやく分かる映画」とか何とか、そんなような事を言っていたけど、うまいこと言うなあ、と思った。的をえてる。本当にそんな感じ。断片、断片は訳が分からないけど、全体を見れば「なるほど」。

みんな訳分からない行動ばっかりしてて当然。だって夢なんだもん。
でも、それぞれみんな現実に関連してる。面白いなあ、すごく面白い。仕掛け映画。

そんなわけで、私は結構好きだ。
美輪明宏出したの、すごく正解だと思った。なんとなく、そのおかけで映画の格が上になってる気がしたから。

でもタップダンスとDJのシーンは別にどっちでも良かった。寝そうになった。
あと、この世で一番苦手なアレが出てたから…失神しそうになった…

そしてひとつ腑に落ちないところ。
あのアメリカ兵は何だったの?現実でも眠りでも無く、その狭間?
だとしたら何故、アメリカ兵が出てきたんだろう。

★★★★☆
posted by ユカソ at 21:54| Comment(1) | TrackBack(1) | 見た(映画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月18日

空中庭園

映画「空中庭園」を見に行った。

感想:クライマックスまでの流れがすごい。でもよくわからない。

見始めは正直、う〜ん期待できないか、と思ったけど、クライマックスに全てが向かっていったときにすごい勢いで引き込まれた。具体的に言うと、お誕生日パーティが始まってソニンが酔っ払った時。そこからどんどん小泉今日子も壊れて、全ては小泉今日子対大楠道代のシーンに向かっていく。クライマックスは間違いなく、その2人のシーンだった。全てが計算されて最高のセッティングになる。ソニンが酔っ払ってトイレに行ったのも、板尾がそれに着いて行ったのも、小泉今日子の言葉に怒った子供2人が部屋を出て行ったのも、バースデイケーキの蝋燭に火をともし部屋を暗くしたのも全部。…いや、もっと前か。6人が揃って誕生日パーティを開く、という時点で…。いや、ソニンと大楠道代が出会った時点で…。いや、息子とソニンが会った時点で…。いや…。
きっと、一番最初から、全てがあのシーンに向かっていたのだ。それくらい、強いシーンだった。最高の「クライマックス」だった!
それだけに、その後から最後まではがっかりだった。小泉今日子が雨に打たれるシーンはまだいい。その雨が真っ赤になって、紫陽花を赤く染めるのも…まだいい。でも、それがずっと続き血の雨の洪水のようになっているシーンや、小泉今日子のしつこいほどの叫びは、もはやホラー映画だった。あれ?あれれ…?と見ている最中にしょんぼりした。これはこれで面白いけど。そして最後のハッピーエンド。この流れは何だ。少し唐突すぎでは…。

結局、小泉今日子は何を見失っていたのかとか、アイスをくれなかったという記憶は大楠道代の記憶なのにどうして最後に変わってるのかとか、よくわからないとこも何個かあった。私の頭が悪いからしょうがないのかな…?

いろいろ考えても「空中庭園」は、個人的に高感度高い。角田光代だからかな。

★★★☆☆
posted by ユカソ at 00:39| Comment(5) | TrackBack(1) | 見た(映画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月25日

チャーリーとチョコレート工場

感想:好み!面白い!

素直に面白かったー!こういう映画大好き。アホ。
チョコの川に落ちるブーちゃんとか、我がまま娘がゴミの中に落ちるとか…。ウンパルンパとか…。工場の入り口で燃える人形とか…。シュールだなあ。ちょっと岡田あーみんを彷彿とさせたなー。

私はかなり性格が悪い、ひねくれ者のチキン野郎なので、チャーリーの優しさとか素直さとかにめちゃくちゃ心打たれた…。あんなに貧乏な家で貧しく暮らして、口の悪いじいさんもいるのにどうしてあんなに良い子なんだよ!うおーん、自分が惨めです。やっぱ、人は環境で変わるけど、環境が全てじゃないよね。周りのせいにして、自分を甘やかすのはやめよう…。良い子になりてェ。

若干ずれたところで、妙な教訓を得てしまった。

★★★★☆4.5
posted by ユカソ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 見た(映画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月10日

メゾン・ド・ヒミコ

感想:オダギリジョーと細野春臣

私は、映画は娯楽、だと思っている。だから内容がどうだこうだ、ということはあまり思わないほうだと思うし、「ファンタジー最高!やっぱ重要なのは視覚とノリっしょ!」という観点で映画を選ぶ。
だけど、何かを問題提起するような映画の場合は別。娯楽の中に、そういう問題提起がふとあるのは良い。本当にシビアなものならシビアなものなりに整合性を持たせ、映画の内容自体に疑問を抱かせるんじゃなくて、そのテーマについて考えさせないと意味が無いと思う。パンフレットやフライヤーみてテーマが分っても、映画自体を見て何も感じなかったら意味が無いんじゃないのかなー。当然のことだけど。

でも、この映画はそのどちらでも無い。何かあるようで、何も無い映画だった。内容も、感動も、心に残る何かも、何も無かった。雰囲気は抜群に良かったけど、それだけじゃもたないよ。
最近の日本映画ってそういう感想が残るのばっかりな気がする。意味深で何かありげで、雰囲気はすごく良くて、映像もそれとなく綺麗で…、でも結局なに?っていう。
ま、需要がそうなら良いけど。

オダギリジョーの為に見るなら秀逸だろうなー。細野春臣の音楽も雰囲気に合ってて素敵だった。

★★☆☆☆
posted by ユカソ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 見た(映画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。