2006年03月11日

旅のお供

ちょっと前に帰国。
とりあえず旅のお供をしてくれた本の感想でも書いておこう。


・どちらかが彼女を殺した(東野圭吾)

話題のこの作者、初めて読みました。
普通に面白かったです。
それくらいしか感想ありません。
無駄なことが一切書いてない印象。
で、結局どっちが殺したの?
適当に読んでたっぽいのでまた後で読み返そう。


・アヒルと鴨とコインロッカー(伊坂幸太郎)

いや、まあ面白いんだけどなんていうか…
琴美が嫌いでたまらなくて途中で挫折しそうになりました。
本読んでて、このキャラクター嫌いだなんて思うの
小学校の時読んだ「エンジェルティアーが聞こえる」(折原みと)
のアンリ?以来だ、多分。ティーン小説懐かしい…。
No animal was harmed in the making of this novel.
って書きたかっただけだろ、作者!!と思いました。
小説だからこそ!小説ならでは!という感動のある小説ではあったけど。


どちらも旅に向かないだろうと思われる本ですが、
やっぱり向きませんでしたね…
posted by ユカソ at 05:14| Comment(0) | TrackBack(1) | 読んだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月18日

オーデュボンの祈り

オーデュボンの祈り(伊坂幸太郎)

今まで読んだものの中では完成度低め。

全てが一本の線に繋がるというわけでもなく、
わっという驚きは無く終わった。

また、最初から城山の冷酷さ、それに対する恐怖感が
すごかった割りに、最後あっけなかった。
そこが良いと言えば良いところでもあった。
やっぱり私はハッピーエンドの話が好きだ。

完成度は低いと思うけど嫌いじゃないかも、という感じ。

posted by ユカソ at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 読んだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月03日

魔王

・魔王(伊坂幸太郎)

翻弄された感が。よくわからないまま終わってしまった。
その後に入っている「呼吸」が良かった。
「呼吸」が無いと、「魔王」は救いの無い話だなー…。
何をどう感じ取れば良いのかわからないんだけど、
脳みそが少なめの私の稚拙で愚かな感想は、
考えさせられたようで、何にも考えさせられてないなあ
ということです。
どの人の意見もどれもこれもよくわかるんだけど
結局、結論もないし、まとまったわけでもないし
…ハッ
そうか、自分で考えろ、ってことか。
結論を出さないことで、提起されたのか。
検索じゃなくて思索しろってことか。

いつの間にか自己完結しました。えへ。


ところで、ラッシュライフを図に描いて時間経過と事件を確認しています。
エッシャーの絵みたいに、どこかでねじれの位置が存在している、
と思って結構綿密に書いているつもりなのですが…(あくまでもつもりですが)
綺麗に流れちゃうんですよね…。
私の頭が悪いのか、把握しきってないのか、はたまた元々そうなのか。
誰か解き明かした人は教えてくださいー!

posted by ユカソ at 03:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 読んだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月01日

伊坂幸太郎

伊坂幸太郎にはまった。

何が良いって、映像化も漫画化もできないような
小説ならでは、小説だから面白いってものを
読ませてくれるところだと私は思う。


・死神の精度
いいタイトルだなー、そそるな〜。と思った。
色鮮やかで面白かった。とっても好き。何回か気軽に読み直したい。


・ラッシュライフ
すごい。圧巻。何重にもなった仕掛け。
お涙頂戴感動ものでもないし、人生の教訓を説く本でもないのに
感動して涙が出そうになった。


・砂漠
ずるずると後引くなあ、この作品…。じわじわ来る…。
大学卒業を控えたこの時期にこの作品を読めたことを、
幸ととるべきか不幸ととるべきか。
青春なんて大嫌いです。大学生なんて社会の底辺だと思ってます。
なのにアレ…おかしいな…!涙が止まらないよ!
主人公達を羨んでる自分がここに…!
チクショー!胸がギュッとなったよ!
なんてことは、まったくない。

…なんてことはない。悔しい。

無機質な印象だった伊坂幸太郎ですが、砂漠でちょっと印象変わったかも。
でも、青春なんて謳歌していない、
陰気な女子大生には辛すぎて読むに耐えません…。
大学出て、砂漠うろついてしばらくして、
大学時代に何の感慨もなくなった頃に再び読んでみようと思う…。


今、魔王読んでいます。なんつうタイトルだ。笑
posted by ユカソ at 02:39| Comment(0) | TrackBack(3) | 読んだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。