2005年09月25日

さくらももこ展

銀座松屋でさくらももこ展を見てきた。いつも小汚い格好をしているので、銀座に行くときはひやひやどきどきしながら行く。ひえー。

原画!プロだなあ、と思った。さくらももこの絵って単純だからすぐ描ける、とか思っているけどやっぱりプロだ。漫画はたしかにそうかもしれないけど、カラーイラスト見るとほんとに素敵だと思う。
ちゃんとテーマがあって、それを自分なりに解釈して、デザインとしてうまくまとめて描いてるなー。色とかもすごく綺麗だし。絵というかデザインがすごい。センス良い!という感想はイラスト集見たときから思ってるけど、生で見るとその丁寧さを目の当たりにして感動する。素直にかわいいなー、とか綺麗だなー、とか思う。月刊の少女漫画の扉絵なのに。たった1ヶ月、世間に出回ってるだけのものなのに。でも記憶に残るってすごいよ。

私は、まわりがまだ「めばえ」とか「よいこ」とか読んでいるような時からりぼんっこだった。保育園年少くらいかな。でも、そんなガキが面白いと思うのはやっぱ絵本ぽい絵のちび丸子ちゃんとかで、かなり記憶に残っている。岡田あーみんも…。「小学○年生」とかもあまり読んだ記憶無いなー。小学館にはあまりお世話になってない。集英社派。
まあ、そんなことはどうでも良くて…。小さな頃から見てたものをナマで見れて感動しました。教えてやるんだありがたく思え!の原稿とか。写植つき。

原画と印刷されたものってけっこう色違ってみえるんだなあ。紙選びとか大変そう。
【関連する記事】
posted by ユカソ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 見た(絵) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。