2006年06月18日

徒然

入社して2ヵ月半経つ。

入社式に、母校を同じくする顔見知り程度の間柄の知人と遭遇した。研修期間中、思いのほか彼女と打ち解けることが出来、楽しく過ごせた。というより、彼女以外の人と合わせる事が難しかった。あの人数がいて、ほとんどの人間と合わせられない、という、自分の協調性・社会性の欠如加減は甚だしいにも程があると思う。愛社精神も無いし、長く居るつもりも無いので無理にでも同期と仲良くしておこう、という思考が無かった。友人を作りに来たわけではないので構わないけれど。しかし、最初なので、自分なりには相当頑張った。皆、出来た人ばかりで、とても感じ良く接してくれる。見習おう。


仲良くなった同学の友と私の勤務地は見事に別れた。同じ会社とは思えないほど雰囲気が異なる。ラフさと堅さに差が在りすぎる。私は堅いほう。


配属された部署は、とても新人が配属されるとは思えない、概念的で抽象的な部署だった。平均年齢は社内一番高いだろう。実務より、思考・思案の時間の方が多そうだ。とはいえ、新人なのでいきなりそんな大仕事は出来ない。しかし、この部署にいる以上は、どんな小さな仕事でも確実で的確でゆるぎない質の仕事が求められる。それはどんな仕事にも当然求められるものだが。注意力散漫及びミスの嵐には自分でも泣けてくる。この部署は私の性質と真逆すぎるんじゃないのか…。以前に配属された新人は早い段階で辞めていったと聞いた。気持ちはわかる。


最近、分かったことだが、ある分野のリーダーに私を仕立てていく道筋らしい。どうして私を選んだのか?人選ミスなのでは?と思わざるを得ない。知識も無いので(仮にもっと知識があったとしても具体性が無いので)想像も出来ず、戸惑っている。所長と、配属後どうか?という旨の面談があったので、その辺のところを話した。所長自身未だ構築中であったので、溜飲が下がるような答えを得ることが出来なかった。まあ、先の話ではあるので、具体的な業務に慣れていくしかないだろ、と思うに至った。以前に辞めた新人のことも過り、不安は尽きない。しかし、所長は(ミスの多さはさすがに指摘されたが)「あなたに関しては心配してないです。」とのこと。それはそれで有難いけれども。


毎日が綱渡りのような生活をしている。「もう無理」と「意外といける」の繰り返し。本当に限界だと思った時に、フロムエーととらばーゆを購入して具体的な転職活動をしてみた。さわりだけ。予想より早く転職だな、などと思いながら。

あ、良い求人発見。何コレ、私の夢じゃん。
でも実際、給料がきつそうだなあ…
残業とかアリだろうか。
実際に電話してみる。
あ、そうですか…ナシですか。
いくら今、安月給の一人暮らしできついとはいえ、
この求人先に転職しても同じことか。
同じ職種のもっと良い求人が出るかもしれないし。
もうちょっと我慢するか…

そのような流れで今も勤務を続けている。「嫌になったら辞めればいいし。働き先はいくらでもあるし。明日にでも辞められる。」こう本気で考えていると楽。


今後の展望についてはいくつかある。また、何十年単位のものから、先一年単位のものまである。どの断片をどう用いて、どう構成していくかはまだ決めかねる。まだそれをうまく判断できる状況に無いと思っている。もう少し輪郭が見えるまでは自分の意志や生き方を確立させていこうと思う。


未来には無限の可能性が広がっている、と思える時期はとっくに過ぎた。今はどう未来を広げるかを考えている。実行する時期にはまだ到達していない。本来は大学時代に考え終えておくべきなんだろうけれども。挫折が怖くて怠った。

「尊大な羞恥心」「臆病な自尊心」とあまりにも言い得てくれた中島敦に感銘を受けるだけじゃなくて、その先まで考えなくてはならなかったんだよ。


【関連する記事】
posted by ユカソ at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 考えた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19425883

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。