2006年03月16日

南欧旅行記6(イタリア)

3/4〜3/6の日記

3/4
ベネツィアへ。
天気悪くて曇ってたけどすごく綺麗。
晴れてたらもっと綺麗だろうに…
どうして海の中にこんな町があるんだろう。
町の中に海があるのか、海の中に町があるのか…
不思議な場所だな。

SANY0198.JPG

昼ごはんはミネストローーネとボンゴレのスパゲティ。
物運んでくるのが大変だろうから、ごはんはどこも
高いと思ったけど思いの他安いお店で食べれた。美味しいし。
イタリアに来て、美味しい、しか言ってない。

街の中は道が細くて入り組んでた。
ベネツィアグラスがめちゃくちゃ好み。
花柄のとか可愛くて大好き。

SANY0201.JPG
ガラス職人

そうこうしているうちに、ゴンドラの時間に!
ゴンドラが相当良かった。船頭さんの技術がすごすぎ。
途中ある、静寂がたまらなかった。

SANY0195.JPG

SANY0200.JPG

何年後かに温暖化で水没するらしいけれども、
そこに住む人々の生活とか苦労を抜きにしたら、
それはそれでロマンチックなんじゃないかと思った。
全てが水に沈んだ都市とかいって。
沈んだ上にまた町ができて。ラピュタみたいに。
「昔、この下は町だったのよ」とか言って
河(海)を覗き込むと、そこにはかつてのベニスが…
みたいな。
そんなこと考えてたら相当興奮した。
切なくていい都市だった。


3/5
ミラノへ。お金が相当やばい。
でも昼ごはんは豪華にシーフードリゾットを注文。
食べるしかない。美味しかった。

チラッとブランド品街を見に。
DIESEL見に行った。イタリアに来ても高いものは高い。
かっこいいものはかっこいい…。
店の様子とかまさしくDIESELっていう感じでかっこよかった。
他の店はあまり興味ないし適当に流してドゥオモへ。
中に入ったら、ものすごい厳かでびびる。
日曜でミサをしていたので、参加。
信者ではないので、後ろのほうで大人しくしていた。
信者ではない人間が、信者達の中にいるもんだから
なんていうか…隠れキリシタンのような気分かも。
日本人の子が何人か前の方に行ったり、
真ん中歩いたりして止められていた。少しいたたまれない。
私達は、お邪魔している立場であるのに。
信者ではないのにミサに参加している時点で同罪かもしれないけど。

SANY0203.JPG
今まで見たドゥオモで一番好きだ。

ミサが終わったら外はもう暗かったので帰った。
部屋でダラダラしながら亜美ちゃんと喋る。
イタリアとそこに存在する宗教と、そこに居る人々について。
最終的に、霊が見える人は、落武者とかの霊はよく見るのに
どうして縄文人とか弥生人みたいな古代人のは見ないのか?
そこまで昔の人は出てこられないくらい、
霊は飽和してるんじゃん?みたいな話になっていた…けど、
印象に残った、亜美ちゃんのお母さんの教え。
「私達は今、楽しく幸せに生きて、美味しいものを食べて
見たいものを見ているけど、そうじゃなかった人もいるわけで。
そういう、昔、亡くなっていった人たちだって、
私達みたいに生きたかったかもしれない。
だから自分が、幸せであることに感謝の気持ちをいつも持つように。
おじゃまします、見させていただきます、勉強させていただきます、
という気持ちを忘れないように。特に、歴史ある土地ではね。」
とかそんなニュアンスのことを聞いて、
亜美ちゃんと旅に来て良かったなあ、と思った。


3/6
荷物片付けて、ダラダラと準備して
11時くらいにチェックアウトした。
荷物はホテルに預かってもらう。
ミラノの町へ。お金もないし、うつろに散歩。
スーパーとか、可愛い雑貨屋さんとか
発見するたびに入ってみたりして。
ホテルまで戻ってくる途中、エッセルンガっていう
スーパーに行った。でけえー!
肉やらチーズやらワインやらパスタの売り場の広さが
おかしい。楽しすぎる。
まずパスタの種類の豊富さ。しかも安いし。
そりゃ主食にもなるわ。
あと、インスタントパスタとかインスタントリゾットが
今まで行ったどこのスーパーよりも豊富で安い。
ワインもスーパーとは思えないくらい置いてあるし。
すごいな〜…。これ、自分の生活圏内に欲しいな。

そんなこんなで空港へ。ミラノから成田までフライト。

-----------------------------------------------------

スペインというかバルセロナに期待して行った旅だけど、
イタリアが予想以上に良かったです。かつ衝撃的。
いたるところで考えさせられました。
posted by ユカソ at 17:01| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。