2006年03月16日

南欧旅行記5(イタリア)

3/2〜3/3の日記

3/2
フィレンツェ。
昼ごはん、2人で食べきれないほどの
ピザとパニーニとカンツォーネを頼む。
イタリアに着いて初めてのエスプレッソ飲んだけど
たしかにうまい!うまかった。
その後、ドゥオモを見てシニョリーア広場へ。
寒いくせにジェラートとか食べてみた。安いし美味しい。
広場のはじっこらへんに石鹸とか香水の原液?みたいなの
売ってるお店があって入ってみた。
そしたらバブみたいな、お風呂に入れるのが売ってて
形も色も可愛かった!
でも、こっちの人って、シャワーのみみたいなもんで
あんまり入浴しないんだよね?あんなの需要あるのか?
観光客向け?

そして、ウッフィツィ美術館へ。
世界遺産で見て、メディチ家とその威力気になってたから
絶対来たかったから嬉しい。楽しい。
回廊は見られなくて残念だった。
張り巡らされてる感じがたまらなかったんだけど。
でも、美術館に行けて良かった。
赤い部屋とか特に良かった。
私は、壁や、特に天井が凝ってるものが好きらしい。

美術館出たところでアート文字?というか
綺麗な文字書いてる人がいた。ジプシー?
ポップで可愛すぎるから描いてもらった。
3ユーロで「YUKARI」って描いてもらった。
ずっと喋ってたら、安くするからもう1枚どう?って言われて、
欲しい〜!って言って描いてもらった。
結局6ユーロで3枚も描いてもらった。
とっても気に入ったので嬉しい。

060316_142209.jpg

中国から来た、って言ってたから
中国語自分の名前紹介したけど通じなかった。
ショック。あんなに勉強(筆記対策)したのに…。
めげずに、あなたの名前はなんですか?を言ったら通じた!
いやー…3年間も中国語再履修しまくっても
こんなレベルかー…。
1年生の時に、先生に「そんな発音はありません」とか
「そんなピンインはありません」とか言われまくって
成績だけじゃなく発音に関しても大問題児だっただけあるや…
お礼をしてバイバイしてその場を後に。

そしてホテルへ。なんかもう寒くてたまらない。風邪気味。
夕ご飯は、コース料理を食べられるそうだったので
頼んで食べに行った。奮発。
どうせなら、ってワインも浴びるように飲んだ。
ビュッフェの前菜、
ポルチーニのフェットチーネとアラビアータ、
パンとサラダ、
ビステッカ・アラ・フィオレンティーナっていう
Tボーンステーキ。
亜美ちゃんは魚頼んでたけど、それも美味しかった。
すっごい豪勢。盛大に食べた。
デザートにティラミスとカプチーノを貰って計35ユーロ。
イタリアでコース料理にしてはかなりお得で安いんじゃ。
とにかく美味しかったー。幸せ。すごくご機嫌になった。

食べた直後は平気だ、って思ったけど
風邪気味くさいので風呂入ってとっととおやすみなさい。

SANY0193.JPG
例の。


3/3
昨日に引き続き調子悪め。のどが痛くて、寒い。
カメラは逝ってる。
亜美ちゃんはピサとアウトレットを回るツアーに行く、
と朝ごはん後出かけていった。
とりあえず、部屋でひとしきり荷物の整理と洗濯をして、
厚着して9時頃ホテルを出る。バスで街へ。
微妙に雨だし、寒いしちょっと萎える。
終点のサンタマリアノヴェラ駅らへんで降りて、
昨日のドゥオモを見て、サンロレンツォ教会へ。
雨だけど、街の、路地の感じが良い。
今にもハウルが出てきそうだ…(痛い)

教会の周りに露店がいっぱいあったのでうろついた。
店の人、日本人にはすごい勢いで絡んでくる。
彼らは「サイタマ〜」ってよく言ってた。
きっと埼玉県民がたくさん来るんだろう。笑

アクセサリー、ベルト、革ジャケット、革かばん屋が
多かった。どれも面白くて楽しい。
アクセサリーとかベルトを物色。
なんとなく相場がわかったような。交渉しつつ、ちまちま購入。
若い男のテンションがすごい。過剰なスキンシップ。笑
ベルト屋の兄ちゃんと喋ってたら、その友達がわらわら来て焦る。
セールスという下心付きのナンパの嵐だった。
「イタリア人男性はハードだぜ」
聞き間違えてなければ、耳元でボソッと
そんなニュアンスのことまで言われた。
でも、あのわかりやすさは楽しいし愉快。
おもわず笑顔になってしまう。
しばらく喋って、さよならした。

その後、この店なんだ?と思って入ったら市場だった。
すごーい!肉やらチーズやらワインやらが所狭しと並ぶ。
2階には野菜や果物が。市場に感動。
パスタとか調味料売ってるところに日本人の店員さんがいた。
テンション高くてうけた。イタリア人化してるな。
しばし彼女とだべってパスタ買った。
おやじへのワイン購入したり、果物買ったり、
色々試食したり。やること尽きない。楽しいー。

ちょっと遅めの昼ごはんに、ピザとビタミン補給のため
フレッシュオレンジジュースを摂取して駅のほうへ。
バスに乗って帰路に着いた。楽しかったー。
ハウルのサントラと共に街歩いたらテンション高まった。
サントラ持って行って良かったな。

帰って、暖かくして少し睡眠して日本に電話した。
胃腸が弱っていたので、市場で買ってきた果物とか食べて
お風呂に入ってマッタリしてたら亜美ちゃん帰還。
もう19時くらいだったのに、ごはんまだらしかったので
バナナとパンをあげた。

体調意識して明日の為に早めに睡眠。
posted by ユカソ at 15:29| Comment(0) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/14904022

この記事へのトラックバック

これで完璧!旅のイタリア語
Excerpt: 海外旅行で使う言葉というのはそれほど多くありません。英語が分かる人も、最低限の現地の言葉を使う事によって、やっぱりその国の人には嬉しいと感じてもらえます。 外国に行く友人にいつも言っている事です..
Weblog: イタリア式禁煙方法
Tracked: 2006-03-17 17:31
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。