2006年01月15日

近状


・卒論提出終了。
 何の感慨もない。
 まだ卒業できると決まったわけでない。

・Sigur rosのチケットが取れた。
 眠気眼で電話したらまだ営業時間前で、
 もう一回かけたら簡単に繋がった。
 チビが故に悔し泣きした教訓を生かして2階指定席をゲット。
 ゆったり見たい。かなり嬉しい。
 しかし、4月ってもう私働いてるんだよなあ。
 平日なのに行けるのか?まあなんとかなるなる。
 社会なんて意外と甘いもんね(クソ人間)
 
posted by ユカソ at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月10日

時間の終わり

少し前に森美術館に行ってきました。
ヴィヴィアン展はとても面白くなかった。笑
展示の仕方に問題があるのか、全然興味をそそられなかった…。
「あと3回見ても足りねーな」「まじでまじで」と
後ろにいたカップルが会話していましたが。そうか?
私が、面白く感じなかったり、理解できなかった理由は
服飾系のことを知らなかったからだと信じたい…。

それに比べて、時間の終わりってのはものすごく良かった。
杉本博司、知らなかったけど、とても気に入った〜
この興味をそそる空間は一体なんなんだ。神秘的…!
ツボでした。
普段、作品の説明とかあまり読まないのですが、
そこすらも興味深くてしっかり読んでしまった。
テーマがしっかりあって。とても頭の良い人なんだろうなあ。
すごく親切な展示の仕方だし、というか素直に面白かったです。


流れていたビデオの中で「ちゃんと伝えることが使命」
とかそんなような事を言っていた。(うろ覚え)
アーティスト達にありがちな(?)
「オレの作品は〜、わかる人だけにわかってもらえればいいし〜」
みたいな自己中心的な表現の仕方とか態度、大っっっ嫌いなのですが、
この杉本博司さんとか、前も書いたバンドアパートとかの
謙虚な姿勢というか、誠実な姿勢はものすごく好感持てるし、
そういう人の作品って実際すごく良い。表れてるのか。
あくまでも私の趣味ですが。

だからきっと私が好きなものを作る人は、人間的にも好きなんだろう…。
作品はその人を映し出す鏡である。一理ある。

posted by ユカソ at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 見た(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。