2005年10月18日

空中庭園

映画「空中庭園」を見に行った。

感想:クライマックスまでの流れがすごい。でもよくわからない。

見始めは正直、う〜ん期待できないか、と思ったけど、クライマックスに全てが向かっていったときにすごい勢いで引き込まれた。具体的に言うと、お誕生日パーティが始まってソニンが酔っ払った時。そこからどんどん小泉今日子も壊れて、全ては小泉今日子対大楠道代のシーンに向かっていく。クライマックスは間違いなく、その2人のシーンだった。全てが計算されて最高のセッティングになる。ソニンが酔っ払ってトイレに行ったのも、板尾がそれに着いて行ったのも、小泉今日子の言葉に怒った子供2人が部屋を出て行ったのも、バースデイケーキの蝋燭に火をともし部屋を暗くしたのも全部。…いや、もっと前か。6人が揃って誕生日パーティを開く、という時点で…。いや、ソニンと大楠道代が出会った時点で…。いや、息子とソニンが会った時点で…。いや…。
きっと、一番最初から、全てがあのシーンに向かっていたのだ。それくらい、強いシーンだった。最高の「クライマックス」だった!
それだけに、その後から最後まではがっかりだった。小泉今日子が雨に打たれるシーンはまだいい。その雨が真っ赤になって、紫陽花を赤く染めるのも…まだいい。でも、それがずっと続き血の雨の洪水のようになっているシーンや、小泉今日子のしつこいほどの叫びは、もはやホラー映画だった。あれ?あれれ…?と見ている最中にしょんぼりした。これはこれで面白いけど。そして最後のハッピーエンド。この流れは何だ。少し唐突すぎでは…。

結局、小泉今日子は何を見失っていたのかとか、アイスをくれなかったという記憶は大楠道代の記憶なのにどうして最後に変わってるのかとか、よくわからないとこも何個かあった。私の頭が悪いからしょうがないのかな…?

いろいろ考えても「空中庭園」は、個人的に高感度高い。角田光代だからかな。

★★★☆☆
posted by ユカソ at 00:39| Comment(5) | TrackBack(1) | 見た(映画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。